コンセント取替えから太陽光発電まで、あらゆる電気工事に対応【タケモトデンキ】

タケモトデンキブログ

お気軽にお問い合わせください

096-327-9988
受付時間
8:00~18:00
定休日
土・日・祝

「コンセントって増やせる」ってご存知でしたか?

熊本市北区から

太陽光発電を普及させ

本気で再エネ100%を目指す男、

竹本雄一です!


タコ足配線ならぬ、タコ足コンセント!

 

充電機器が増える一方ですね(*^▽^*)

勿論、家電製品も増えつつあります。

増える一方で、

省エネ家電に変わってます。

コンセント利用率は上がる一方です!

 

そこでコンセントが

こんな感じになってませんか?(^^;

 

差し込みを外すと、

コンセント穴は二口です。

 

「これをどうにか出来ませんか?」との

ご依頼です!

さて、私の出番ですね!(*^▽^*)

 

今取り付けてあるコンセントを壁から外すと、

こんな感じになります(^^)

 

壁の中にはこんなに電線がビッシリ(@_@;)

 

この横に新たに広めに穴を開口します!

 

続いてコンセントの送り線を

結線します。

下の写真の様にコンセント裏面には

「送り端子」と言うものがありますが

このコンセントで使う機器が決まっていて

尚且つ省電力機器であれば「送り端子」で

電源を送っても問題ありません。

 

今回のお客様は何を使うか

不特定で、冬場は電気カーペットを

使われるとの事だったので壁の裏側で結線して

一本ずつコンセントに差し込みました。

 

最後に増やす分のコンセントを

壁に固定するのですが、

一番良いのは挟み込み式の

裏ボックスがあるのですが

今回は既存のとなりに増やすので

採用したのはこちらです!

 

横から見るとこんな感じ。

 

増設する場合、「挟み込み金具」と

言われる金物を使って壁に固定します。

これは「C型挟み金具」と言います(^^)/

ビスを絞めつけて行くと

壁とコンセントの金枠が絞まっていって

固定する道具です。

 

気を付けなければならない点が、

下の写真の様な

「上下式挟み金物」を使われる場合、

これは基本的にスイッチ様なので

コンセントには適しません。

 

何故かと言いますと、

さっきの写真と比べて見て頂けたらお分かりかと思いますが、

固定する面が少ないのです。

これだと抜き差しする頻度が多いコンセントの場合、

後々、緩んでくる可能性が高いのです。

 

意外と知られていない

「挟み込み金具」の使い分け(^^;

 

コンセントを壁に固定します

 

仕上げにプレートをはめて完成!

 

最後にコンセントプラぐを差し込んで

こんな感じになりました(^^♪

 

すっきり綺麗になりました!

奥様も大満足!(*´▽`*)

 

これで何と4,000円っ!

※一部地域限定です(>_<)

 

新築の場合は恐らく

そんなに金額は変わらないと思います。

昨今では一人でスマホ一台、

コンセントの差し込みは増える一方です。

充電用コンセントとしてUSBポートが着いてる

コンセントも新発売されてますよ!

リビングの一ヶ所で

スマホ充電用コンセント棚の様なのも

創られるとスッキリしますね(^^)/

 

みなさまの電気で安心快適に暮らせる

お手伝いさせて頂きます!


弊社へのお問い合わせは コチラです!(^_^)/

弊社の豊富な施工例は コチラから!(^_^)/

TVCM(コンセント壊れちゃった編)は コチラから!(^_^)/

TVCM(タケモトデンキ 社長編)は コチラから!(^_^)/

私の会社へかける熱い想いは コチラから!