コンセント取替えから太陽光発電まで、あらゆる電気工事に対応【タケモトデンキ】

タケモトデンキブログ

お気軽にお問い合わせください

096-327-9988
受付時間
8:00~18:00
定休日
土・日・祝

熊本市北区の北部眼科様 電気自動車(EV)用充電コンセント電源工事

熊本市北区から

太陽光発電を普及させ

本気で再エネ100%を目指す男、

竹本雄一です!


アメリカの車で、

完全に電気で走る車ご存知ですか?

日本にはLEAF(リーフ)という有名な

電気自動車があります。

しかし、「次元が違う」と言ったら

日産LEAF所有者の方に失礼かもしれませんが(^^;

 

でも、本当に違います。

もちろんお値段も違います(笑)

 

少しだけ違いを言うと、

止まった状態からから時速100kmまで到達するのに

かかる時間、約4秒以内!

 

どんだけすごいんだ!??

よく分からないですね?(笑)

 

ま、大まかにいうと

フェラーリとかランボルギーニとかに

匹敵するってことですね!

男にしかわからんかな!?(/ω\)

 

ま、車のお話しはこれぐらいにして

現場のお話し!

 

先日は久しぶりの現場でした。

それも、初の施工。

アメリカ製の充電器の設置。

充電器といっても電源を持って行って

装置を着けるだけ。

 

 

とは言えど、

コンセントを着けるのとは訳が違う。

中に制御装置が入っているので

ちょいとばかし知識がいるのです。

 

それが、この車に電気を与えてくれる。

 

 

早速、工事スタート!

先ずは養生です!

 

 

粗(あら)配線開始!

電気屋なら誰もが書ける

「八の字」

 

 

この意味は電気屋ならわかる(笑)

うまいでしょ!?(*^^)v

 

 

 

 

粗配線が終わったら

次にスタートとゴールを決めます。

スタートとは分電盤。

こちらは固定されているので

ゴールは充電器。

 

この場所を特定するために

先に取り付け作業を終わらせます。

 

外壁面に取り付けるのですが

病院の場所が道路沿いなので

外壁がどうしても汚れちゃいます。

 

 

そんな時はこいつの出番!

 

 

クリーナーで汚れをきれいに!

 

 

ホコリや油分などキレイに落とした後は

コーキングを先打ち。

これ弊社施工の基本です。

 

 

 

ここに取付ける金物を貼り付けます。

 

すると、

ぶにゅ~って隙間からコーキングが出てきます。

 

 

これで壁内に雨水が浸水する危険が激減します!

本体を取り付けて、

 

 

 

粗配線完了!

 

 

※写真はメーカーのコンプライアンスで出せないようですm(__)m

 

 

露出配管なので

先ほどと同様、

コーキングの先打ち作業。

 

 

 

この上から配管して

ケーブルを納めます。

 

そして天井の開口部は、こうやって、

 

 

パテを詰めます。

 

 

 

虫の侵入を防ぎます!

 

電線を納めて

配管を繋いだら完了!

 

 

 

結線をして内蓋を納めます。

 

すると、

コネクタを差し込んだ瞬間、

グリーンの光が!

 

 

 

更に外のカバーを付けて完成!

 

 

 

近未来的なデザインでカッコいいっす!

 

早速、試しにEVへ差し込むと、

 

 

こっちもグリーンに光ってカッチョイイ!

 

こちら北部眼科様は

充電スポットとしても登録されていらっしゃいます!

 

 

 

LEAFや他の日本の電気自動車も

充電可能ですよ!

 

目のお悩み解決しながら充電も可能!

そんな素敵な眼科様です(*^^)v

 

北部眼科様のHPはこちらです!


弊社へのお問い合わせは コチラです!(^_^)/

弊社の豊富な施工例は コチラから!(^_^)/

TVCM(コンセント壊れちゃった編)は コチラから!(^_^)/

TVCM(タケモトデンキ 社長編)は コチラから!(^_^)/

私の会社へかける熱い想いは コチラから!