コンセント取替えから太陽光発電まで、あらゆる電気工事に対応【タケモトデンキ】

タケモトデンキブログ

お気軽にお問い合わせください

096-327-9988
受付時間
8:00~18:00
定休日
土・日・祝

V2Hって本当に良いのかな??意外と知らない「ニチコン製V2Hを採用する前の注意点」とは?

熊本市北区から

太陽光発電を普及させ

本気で再エネ100%を目指す男、

竹本雄一です!



今回のブログは「V2H」に関して。中でも低価格の「ニチコン」のV2Hが人気なので、それに絞った注意点を書いております。

 

このブログを読まれていると言うことは既に電気自動車をお持ちか、これから購入予定の方ではないでしょうか。

 

今回のブログはV2Hを採用する前段階での注意点のみを書きたいと思います。

過去のV2Hに関するブログはコチラからご覧ください。

↓↓↓↓

熊本市で蓄電池とV2H選びはお任せください!

V2Hが低価格で!?

 

 

 

 

 

それでは早速「意外と知らない注意点」です!

 

❶設置場所に関して

∟⑴塩害地域は設置NG

∟⑵分電盤からV2Hまでの距離は50m以内に

∟⑶水没に注意

∟⑷ファンの音に注意

❷オプション品に関して

∟⑴CTなど付属品は全て追加となる

∟⑵切替盤が必要

❸性能に関して

∟⑴出力を超えてしまうと停止してしまう

∟⑵ホームエレベーターや井戸ポンプは別回路に

❹お客様の環境に関して

∟⑴40A~15kVAの契約まで

∟⑵Wi-Fi環境が必要に

∟⑶停電時に切替は自動ではない

❺補助金に関して

 

 

「詳しく聞きたい」と思われた方はコチラです!

※メール登録のみでお問合せ可能です。携帯電話キャリアのアドレスには返信できない事がありますのでご注意ください。「~@docomoや、~@ezweb」など迷惑メールと判断されてはじかれてしまいます。

 


以下、詳細です。

 

❶設置場所に関して

❶-⑴塩害地域は設置NG

沿岸から1km以内のご自宅の場合、設置不可の場合があります。

❶-⑵分電盤からV2Hまでの距離は50m以内に

分電盤とは家の中にあるブレーカがたくさんついている箱です。V2Hは、そこから50m以内に設置して下さい。専用のケーブルが最長50mです。なかなか50mを超える家は少ないかもしれませんが熊本は、お庭が広いお家がたまにあるので、そんな方はご注意ください。分電盤はお家の中にあり設置場所が外で遠く離れた駐車場などに設置する場合、50mを超えることになるかも知れません。

❶-⑶水没に注意

精密電気製品なので水没してしまっては使用できません。逆に感電の可能性もありますのでご注意が必要です。本体は25cm水没安全基準です。ですがそれ以上になりそうな地域の方は「基礎」を高くするなど注意が必要です。

❶-⑷ファンの音に注意

設置場所が隣家の側だと充電中にファンが回るので音に敏感な方は注意が必要かもしれません。

 

❷オプション品に関して

❷-⑴CTなど付属品は全て追加となる

カタログに載っているのはとても安価に思えますがその他の付属品が全てオプションなので注意が必要です。本体だけでは性能の半分も発揮できません。

❷-⑵切替盤が必要

こちらはオプションでもないのでカタログには載っていませんが確実に必要になります。もちろん、工事費も別途必要になります。

 

❸性能に関して

❸-⑴出力を超えてしまうと停止してしまう

停電時に出力(kVA)が関係してきますが、スタンダードモデルだと3kVA、プレミアムモデルだと6kVAとあります。ここまでは良く理解されてる方が多いのです。ではこの数値を超えてしまったらどうなるのでしょうか?それは「停止」してしまいます。これが答えです。

❸-⑵ホームエレベーターや井戸ポンプは別回路に

ホームエレベータや井戸ポンプは何故別回路にしないといけないかと言いますと、この二つの共通点は「モーター」で動くという点です。特に初動に大きなエネルギーを必要とするモーターなので瞬時に大電流が必要となり❸-⑴で書いたように出力を超えてしまう可能性が高いからです。もしご自宅に設備がお有りの時は設置前によく工事店様と相談して決められてください。

 

❹お客様の環境に関して

❹-⑴40A~15kVAの契約まで

これはご自宅の電力会社(九州電力など)のご契約容量の話しになります。低い方は大した問題ではないのですが、高い方は15kVAを超えてしまうと設置不可になるので契約容量はしっかり見ておいた方が良いでしょう。

❹-⑵Wi-Fi環境が必要に

プレミアムモデルのみの話しになりますがこのモデルはスマホで操作することが可能なのでWi-Fi環境が必要になります。ない場合、もちろん別途工事になります。しかし電気工事店では対応できない事が殆どなのでお客様ご自身でご用意する必要があります。

❹-⑶停電時に切替は自動ではない

カタログ上では詳しく説明してありませんが停電した時にはご自身で操作をしないと動きません。ブレーカを切ったり、コネクタに差し込んだり車の100V出力電源をオンにしたり、切替分電盤を切り替えたり少し複雑なので、停電時にそれらの操作をする方がお家に居ないと結局使えない事態になりますので注意が必要です。

 

❺補助金に関して

期待したのですが、どうも一般の方向けには出ない様です。法人向けと言うことですね。しかしご自宅で法人登録されていらっしゃる方は出る可能性がある??か、自信ありませんがチャレンジされるのであればお付合いします!(笑)

ニチコン補助金に関しての詳しいページはこちらです。

対象機種と補助率、補助額に関してはこちらです。

※2020年4月現在(法人様向け)

 

以上になります!

 

「詳しく聞きたい」と思われた方はコチラです!

※メール登録のみでお問合せ可能です。携帯電話キャリアのアドレスには返信できない事がありますのでご注意ください。「~@docomoや、~@ezweb」など迷惑メールと判断されてはじかれてしまいます。

 

 

※タケモトデンキの新型コロナウィルス対策はこちらです。


 


弊社へのお問い合わせは コチラです!(^_^)/

弊社の豊富な施工例は コチラから!(^_^)/

TVCM(コンセント壊れちゃった編)は コチラから!(^_^)/

TVCM(タケモトデンキ 社長編)は コチラから!(^_^)/

私の会社へかける熱い想いは コチラから!