コンセント取替えから太陽光発電まで、あらゆる電気工事に対応【タケモトデンキ】

タケモトデンキブログ

お気軽にお問い合わせください

096-327-9988
受付時間
8:00~18:00
定休日
土・日・祝

太陽光発電は本当に今でもお得なのか?熊本市北区の電気屋の実例を元に読み解きます(^^)/

熊本市北区から

太陽光発電を普及させ

本気で再エネ100%を目指す男、

竹本雄一です!



太陽光発電は、

売電40円台の頃は良かった~

って思っていませんか?(‘ω’)

 

実は今の方がお得なんです!

 

発電量が上がってくる時期なので、

今日はそんな方の為に実例を元にご紹介(^^)/

更にプロならじっくり見たら分かる、

ある秘密が明細書の中に隠れています(*’ω’*)

これ最後まで読む前に分かった方は、

本物の玄人です!(≧▽≦)

 

では早速行きますね!

これは私の自宅の電気代です!(^^)/

 

 

26年5月分とありますが

使用期間を見ると4月分です。

しかも5年前のデータですね。

電気代は「10,414円」とあります。

 

それに対して、

売電は?

 

お支払い予定額「14,700円」

※350kwh

良くないです!?

14,700円―10,414円=4,286円

 

と、こんな計算は今の皆さんなら

百も承知ですね!(≧▽≦)

 

余談ですが、改めてみると

「お支払い予定額」って

良くないですか?

副収入的な?(≧▽≦)

勝手に振り込まれてくる仕組み!(≧▽≦)

 

余談はさておき、

さ、本題に戻りましょう。

では、本当に今の方がお得なのか?

という話です。

 

下のデータが昨年の自宅の明細書。

 

 

ご請求予定額「6,801円」!

何が起きた!

5年前は10,414円だったのに!

 

この答えは後程(*’ω’*)

 

取り合えず本当に太陽光発電が

今の方がお得なのか?について。

 

下の明細書が売電分。

 

お支払い予定額「14,406円」

※343kwh

5年前とほぼ変わりません。

 

これが何で今の方が良いのか?

では、証明します!

当時のPanasonic太陽光発電のシステム単価は、

1kwあたり約「55万円」。

※弊社価格

補助金が1kwあたり約「4万円」ありましたので

実質手出しは約「51万円」です。

 

現在のPanasonic太陽光発電の

システム単価は、

1kwあたり約「27万円」。

※弊社価格

 

私が設置した当時の売電単価は「42円」。

現在は出力抑制対象地域のみ「26円」。

※九州は対象地域です

 

つまり、

システム単価は

27万円÷51万円=0.53

47%OFFということ。

 

一方、売電単価は、

26円÷42円=0.62

38%OFFということ。

 

まとめると、

システム単価は47%も下がったのに対し、

売電単価はまだ38%しか下がっていない

 

そう!だから!

今から設置したほうがお得なんです!

 

ただし!気をつけて下さい!

私や48円時代に設置された方は

既に電気代を気にしない

多くの恩恵を受けております。

 

先日48円売電のお客様の総発電量を見せて頂くと、

「66,000kwh」を超えていました。

これを単純に売電計算すると

300万円を裕に超えています!

 

確実に早くつけた方がお得!

だから「付けたいな~」って思った時が

ベストタイミング!

 

これこそ太陽光発電の威力です!

 

 

最後に、

なぜ5年前と昨年の電気代に差が出たのかの

答えですが・・・

 

 

長くなるので、

また明日~!(≧▽≦)

 

 

期待してた皆さん!

ごめんなさい!(>_<)


弊社へのお問い合わせは コチラです!(^_^)/

弊社の豊富な施工例は コチラから!(^_^)/

TVCM(コンセント壊れちゃった編)は コチラから!(^_^)/

TVCM(タケモトデンキ 社長編)は コチラから!(^_^)/

私の会社へかける熱い想いは コチラから!