コンセント取替えから太陽光発電まで、あらゆる電気工事に対応【タケモトデンキ】

蓄電池

STORAGE BATTERY

太陽光発電の電気を無駄なく活用できる蓄電池

蓄電池

太陽光を取り付けたご家庭では、蓄電池も一緒にご購入されています。

蓄電池って?

蓄電池の仕組み

太陽光で発電した電気を蓄える機械です。電気を使わないときは、太陽光で発電した電気を蓄電池に貯めます。太陽光発電の電気が不足したら、蓄電池に蓄えた電気を使います。そのため、効率的に上手に電気を使うことができます。

電力会社から買う電気で充電も可能

太陽光発電の電気が不足して蓄電池の蓄えがなくなっても、電力会社から電気を買うことができます。電力会社から買う電気で充電することも可能なため、夜間が安くなる電気料金プランを利用すれば、充電費用が抑えられます。

電気を買う

蓄電池を利用すると、なぜ電気代が安くなるの?

電気を最も使うお昼の時間は、太陽光の電気を利用します。もし太陽光発電よりも上回る電気が必要な場合は、電力会社から電気を購入することになります。お昼の時間帯は電気代が最も高い時間帯なので、電力会社から購入する電気代が高くなってしまいます。しかし、蓄電池を利用すると、電気代が最も安い時間帯で蓄電池に電気を溜めて、その電気をお昼の時間に使うので、電気代を安く抑えることができます。

ピークカット、ピークシフト

災害時や停電時でも非常用電源として使えます

災害がおこっても、また停電時でも、いつも蓄電池には電気が溜まっているので、非常用電源として利用することができます。災害時に携帯電話を利用できない、料理が作れない、暖房器具が動かない、などの問題からも解消されます。

取扱システム

電気を買う

JET認証品

JET(一般財団法人 電気安全環境研究所)が定める「複数直流入力システム用系統連系保護装置等の認証」を取得しているので、設備導入の手続きもスムーズです。また、本システムは上記認証を業界で初めて取得しました。(2013年8月23日取得。当社調べ。)

弊社が取り扱っている「創蓄連携システム」の詳細はこちらをご覧ください。

住宅用創蓄連携システムについて
住宅用創蓄連携システムの仕組み
電気を有効利用する仕組み
停電時でも安心の理由
096-327-9988