コンセント取替えから太陽光発電・蓄電池まで、あらゆる電気工事に対応【タケモトデンキ】

蓄電池

STORAGE BATTERY
家庭用蓄電池

家庭用蓄電池とは?

太陽光で発電した電気を蓄える機械です。電気を使わないときは、太陽光で発電した電気を蓄電池に貯めます。太陽光発電の電気が不足したら、蓄電池に蓄えた電気を使います。そのため、効率的に上手に電気を使うことができます。

家庭用蓄電池とは

電力会社から買う電気で充電も可能

太陽光発電の電気が不足して蓄電池の蓄えがなくなっても、電力会社から電気を買うことができます。電力会社から買う電気で充電することが可能なため、夜間が安くなる電気料金プランを利用すれば、充電費用が抑えられます。

夜間に充電

蓄電池で電気代を安く抑えられる!!

電気を最も使うお昼の時間は、太陽光の電気を利用します。もし太陽光発電よりも上回る電気が必要な場合は、電力会社から電気を購入することになります。お昼の時間帯は電気代が最も高い時間帯なので、電力会社から購入する電気代が高くなってしまいます。しかし、蓄電池を利用すると、電気代が最も安い時間帯で蓄電池に電気を溜めて、その電気をお昼の時間に使うので、電気代を安く抑えることができます。

ピークカット、ピークシフト

蓄電池が注目される理由① 太陽光発電の2019年問題

2019年問題とは、2019年に家庭用太陽光発電の固定価格買取期間が終了することをいいます。 2009年に開始されたこの買取制度は、太陽光発電で作られた電力のうち余剰電力が買取対象となる制度です。10年間の買取期間が設定されており、2019年以降、設置して10年経ったところから、順次買取期間が終了し、売電価格が大幅に引き下げられます。

ソーラーパネル

買取期間終了後の選択肢

買取期間終了の対策としては以下の3つがあります。

買取期間終了後の対策
買取期間終了後の対策
買取期間終了後の対策
売らずに自家発電

固定価格買取期間が終了した後には、売電価格の大幅な引き下げが予想されているため、電気を売らずに貯めて、自家消費したほうが大きな経済メリットがあります。
そこで蓄電池があれば、太陽光発電が作った電気を貯めて、家庭で自家消費することができるので、検討する人が非常に増えているのです。

電気料金の契約形態についてワンポイントアドバイス!

「電気料金の見直しを避ける」
太陽光発電を設置されているご家庭の殆どがオール電化ではないでしょうか?そのご家庭は電力会社と「季時別電灯プラン」を契約しています。この契約は今後決して加入できないプレミアムプランであり、夜間電力使用量が「10.3円」はどこにも出せない価格帯です。電気料金の契約形態を見直されている方で、「季時別電灯プラン」の方は料金契約を変更しないようにご注意ください!

電気量料金の単価イメージ

蓄電池が注目される理由② 自然災害による停電の増加

家庭用蓄電池にこれだけ注目が集まっているのは、ここ数年の異常気象や、日本各地で地震や大型台風・ゲリラ豪雨による洪水など、自然災害による停 電が数多く発生しているためです。

株式会社グッドフェローズが1,000名を対象にしたアンケートでも、「蓄電池を購入した主な理由は何ですか?」という問いに対して、47%の方が「非常用電源としての使用のため」と回答しています。

非常用電源としての目的が1位

熊本では2016年4月に平成28年熊本地震がおきました。震源地や熊本市内では停電が一週間続いた地域がありました。
また2018年9月に発生した平成30年北海道胆振東部地震では北海道全域が停電に陥る「ブラックアウト」に至り、1か月近く停電した地域がありました。
このような災害の経験から、災害時にも電気を貯めておいて使うことができる蓄電池の安心面に注目が集まりました。

2018年に発生した大規模停電
2018年に発生した大規模停電
2018年に発生した大規模停電
2018年に発生した大規模停電
長時間停電になったら…

こんな災害時に蓄電池があれば

災害で停電が起きたときに蓄電池があれば、蓄電池に貯めておいた電気を、必要な時に使うことができます。

昼間や晴天時は太陽光で発電した電力使って自家消費、余剰電力は家庭用蓄電池へ充電します。

災害時(昼・晴天時)の蓄電池の働き
災害時(夕方以降・晴天時)の蓄電池の働き

夕方以降や曇天時は家庭用蓄電池に充電しておいた電力を使って自家消費します。

小さなお子様・高齢者・ペットがいる
ご家庭は避難が大変

小さなお子様や、介護が必要な高齢者、ペットがいらっしゃるご家庭は、周りの方への配慮や様々なご都合により、災害時に避難所への避難が難しい、あるいは避難を躊躇されることが多くあります。
実際に災害が起こる前に『蓄電池』を導入しておくことは、災害時に安心してご家庭で過ごす時間を確保できる、万が一の対策としても重要であるといえます。

避難時の体育館

蓄電池の選び方

災害時の長期停電時に、どの電化製品をどれくらい使用したいのかによって、選ぶ蓄電器の種類も変わります。
ここでは、参考のために4段階のレベルで蓄電器をご紹介します。

  • レベル1:冷蔵庫は確保したい
  • レベル2:リビングの電気は、ある程度確保したい
  • レベル3:家中の電気使いたい
  • レベル4:更に電気を多く長く使いたい

レベル1:冷蔵庫は確保したい

レベル1の方におすすめは、スリムなデザインで室内の床に置いてお手軽に設置できるスタンドアロンタイプの5kWh未満の蓄電池です。
コンセントから直接電源が取れ、価格帯は80万円以下です。
屋外に蓄電池を設置するスペースが十分になく、停電時に最低限冷蔵庫の電源だけは確保したいというご家庭は、必要とする容量は5 kWh前後で問題ありません。

レベル1:冷蔵庫は確保したい

レベル2:リビングの電気は、ある程度確保したい

レベル2の方におすすめは、屋外設置の4~8kWh程度の蓄電池です。
創蓄連携(太陽光発電と連動)タイプは更におすすめです。
価格帯は120~180万円ほどで、停電時にリビングの照明、テレビ、冷蔵庫、携帯電話の充電器など約400W程度を同時に8~15時間程度使用することができます。

レベル2:リビングの電気は、ある程度確保したい

レベル3:家中の電気を使いたい

レベル3の方におすすめは、屋外設置で10kWh以上の蓄電池になります。
言わずと創蓄連携(太陽光発電と連動)が必須です。
価格帯は240万円を超えるものが多いです。
10kWh以上の容量があれば、停電時にほぼ家中の家電製品を5時間程度使用可能です。
長時間の停電時も安心です。

レベル3:家中の電気を使いたい

レベル4:更に電気を多く長く使いたい

更に電気を多く長く使いたい方には、電気自動車の電気を家庭で使うシステム「V2H」や、インターネットとモノが繋がり、全てをコントロールしてくれるシステム「HEMS」など、ご要望に応じて様々なご提案をしております。
詳細については弊社スタッフへご相談ください。

レベル4:更に電気を多く長く使いたい
v2h

HEMS

v2h

V2H

蓄電池のメリット・デメリット

停電時、まかなうことが出来る範囲

種別 メリット デメリット
全部屋(全負荷タイプ)
  • 停電時、全ての部屋をカバーできる
  • 停電時、200V使用可能なタイプが多い
  • 同時に出せる電気の容量が大きい
  • 電池容量が一般的に大きいタイプが多い
  • 値段が高い
  • 夜間、停電に気付かずに使い切ってしまう可能性がある
  • 停電時、勝手に温水器など200V高容量の設備に流れてしまった場合、直ぐに電池容量が無くなってしまう
リビングなど一部屋のみ(特定負荷タイプ)
  • 値段が比較的安価である
  • 夜間、停電に気付くことが出来る
  • 停電時に節約して電気が使用できる
  • 停電時、一部屋の明かりと冷蔵庫、数カ所のコンセントしか使用できない
  • 停電時、200Vは使用できない
  • 停電時、同時に出せる電気の量に限りがある
  • 電池容量が小さいタイプが多い

パワーコンディショナー(PCS)に関して

種別 メリット デメリット
独立タイプ(太陽光用PCS別タイプ)
  • PCS代が入っていないのでその分、安価である
  • 既存の太陽光用PCSに接続するので経年劣化しているPCSの出力に左右されてしまう
  • 直流(DC)と交流(AC)の流れが充電する時に「太陽光発電(DC)→太陽光用PCS(AC)→蓄電池用PCS(DC)→蓄電(DC)」となり逆に放電する時は「電池(DC)→蓄電池用PCS(AC)→負荷(AC)」となる為、不要なロスが大きい
  • 既存の太陽光用パワコンが故障したら取替になり追加の出費が必要になる
ハイブリッドタイプ(太陽光用PCS共有)
  • 蓄電池設置時に太陽光用PCSは不要になりハイブリッドパワコンが新品になるので発電能力の向上になる
  • 既存PCSを取替えたと思えばその分の費用は減らして考えることが出来る
  • 直流(DC)、交流(AC)の交換が独立タイプと比べると少ないのでその分、ロスが少なくなる
  • ハイブリッドパワコン代が本体価格に入っているので高価に感じる

AI搭載に関して

種別 メリット デメリット
非搭載型
  • AIが入っていない分、価格が安い
  • 通信費がかからない
  • AIが入っていないとタイマー制御に頼るしかない
  • 電気代の切り替え時期など自分で管理するしかない
  • 台風が来る予測が出ているのに何もしないと勝手に放電する
搭載型
  • 天気を予測して充放電を計算してくれる
  • AIが各家庭に合った動きをしてくれる
  • 故障した場合、お知らせしてくれる
    ※一部のAIに限ります
  • AIが搭載している分、価格が高い
  • 通信費がかかる

タケモトデンキは
施工に自信があります!

万が一のために蓄電池を購入しても、取付施工がずさんで地震の時に倒れてしまっては全く意味を成しません。
つまり工事品質も商品と同様に非常に重要なものです。
弊社の「基礎」の施工はシッカリと。
コンクリートで基礎を打つのは基本中の基本です。
勿論アンカーも中に入っています。
更に材質がステンレスであることは常識です。固定する際も水平を保ちます。

施工中の写真
施工中の写真

下の写真は蓄電池用の操作ユニットとパワーコンディショナの部分です。メーカー推奨の配管で丁寧に施工します。
「今までで一番きれいな仕上がりです!」と、お客様や蓄電池メーカーさまからお喜びの声をいただくことも多く、社員一堂励みにさせてもらいながら、日々施工業務にあたっています。

設置後の写真
家の側面に設置中
096-327-9988

一般の方向けに勉強会を毎月開催!

弊社では一般の方向けに、太陽光発電や蓄電池についての、少人数の勉強会を随時開催しています。この勉強会で学べる事は

  • ①本当に蓄電池が良いのか?が分かる!
  • ②蓄電池に少し詳しくなれる!
  • ③蓄電池以外の対処法が分かる!
  • ④本当におトク?新電力を選ぶ基準が分かる!
  • ⑤まだ間に合う!補助金を知ることが出来る!
  • ⑥突然の訪販にだまされないための情報を知れる!

これらに少しでも当てはまり、ご興味がおありの方は是非ご参加下さい!
あなたのお悩みを解決してみせます。

勉強会
勉強会

国が始めた固定価格買取制度は、10年が経つと買取期間が終了する訳ですが、その告知が足りていません。複雑な内容が一般の方にはなかなか理解できないのが現状です。だからこそ私たちは皆様へ月1回、勉強会を通して有益な情報をお知らせしています。これを知っていたら、強引な訪問販売業者から高額な蓄電池を一方的に買わされることはありません。勉強会では参加された各ご家庭のお悩みに合わせたご説明を細かくさせて頂きます。熊本でお困りの方の為にこれからも勉強会の開催を続けていきます。主催は熊本みらいエネルギー協会、タケモトデンキ代表は協会の代表理事を務めています。
熊本みらいエネルギー協会について詳細はこちら⇒

その他「購入時に気をつけるポイント」や「今話題のAI蓄電池」 について興味のある方へ!

「購入時に気をつけるポイント」「効率的な電気の使い方」「今話題のAI蓄電池」 などについてもっと詳しく知りたい方は、下記フォームよりメールをお送りください。
家庭用蓄電池[完全版]ページのURLをお送りいたします。

E-mail必須
例)xxxx@xxxx.ne.jp

 個人情報保護方針に同意する

096-327-9988