コンセント取替えから太陽光発電まで、あらゆる電気工事に対応【タケモトデンキ】

タケモトデンキブログ

お気軽にお問い合わせください

096-327-9988
受付時間
8:00~18:00
定休日
土・日・祝

電気代払い過ぎていませんか?我慢しない最高の省エネとは?

熊本市北区から

太陽光発電を普及させ

本気で再エネ100%を目指す男、

竹本雄一です!


今回の記事は意外と知らない「生涯電気代(光熱費)」のお話しです。

今回の記事も戸建て住宅にお住まいの方限定の内容になっています。その方だけでも解決策が見出せましたら幸いです。

それでは、ここで2つの質問です。

「あなたは電気代払い過ぎていない自信ありますか?」

そんな自信はどこから出てくるでしょうか?根拠があったら知りたくありませんか?
それではもう一つの質問。

「あなたはいつまで電気代(光熱費)を払い続けますか?」

「え?」と思われますよね?

それもそのはずです。日本に住んでいる人、例に漏れず殆どの方が電気代は永遠に払い続ける事になります。

でもこれって疑問すら起きないぐらい皆さんが当たり前に思っている事ではないでしょうか?もっと言うと当たり前過ぎて考えもしませんよね?

 

そこが盲点なのです!

携帯電話の通話料は「少しでも安い会社はどこだろう!?」とご自身で探したり、「最近、○○モバイルに替えたんだけど月の通話料が●●円に下がったよ」とお友達に教えたりしてませんか?

そうなんです。スマホの料金はかなりの時間を要して「少しでも安いところを」と探すのに対し電気料金は、

「どこがイイのかよく分からない」

「選ぶのが面倒」

「今のままで良い」

「下手に替えて高くなったらどうしよう」

などの理由によりそのままにされてる方が大勢いらっしゃいます。これがどれほど家計にダメージを与えているのか一度計算してみて下さい。

計算方法は簡単です。

 

一生に払う電気代(光熱費)=毎月の光熱費×12ヶ月×残りの人生

 

月に2万円の光熱費(電気+ガス)を払っている方が35年間払い続けるとその金額は何と840万円にも上ります。

この金額を見られてどう思われるでしょうか?

これは350万円を金利2%で立て続けに2回ローンする事に匹敵します。例えなので35年で計算しておりますがこの時点で「終わり」ではありません。誰かが電気やガスを使い続ける限り、ずーっと続きます。

「永遠に」です。

更に追い討ちをかける様で恐縮ですが、電気代は年間に2%程度上がり続けております。これは気付いてない方が殆どですが事実です。※エネ庁から公開されているデータを元にしています。

今後も年間2%上がり続ける計算は今回は確信がないので省略しますが世の中の動きを見ていると上がる可能性が大いに高いのが分かります。実際に計算すると恐ろしい金額になります。

更にです、、、「再エネ賦課金」なるものが毎年のように増額されています。これも気付いていない方が多いので少しだけ解説しておきますと「再生可能エネルギーを普及させる為に電気を使う全ての家庭、事業所から均等に徴収される料金」です。簡単に言いますと太陽光発電を設置して売電収入を得られているお隣さんのポケットに入っている」と言いうことになります。少し偏り過ぎたオーバーな言い方かもしれませんが平たく言うと事実です。

もし、お手元に電気料金明細書をお持ちでしたらぜひご覧ください。左下辺りに記載されております。

「再エネ賦課金    1,238円」

このような表記です。この単価に関してのみ言いますと9年前より既に15倍以上になっています。1.5倍ではなく「15倍」です。更にこの先10年(2030年)は上がり続けて2050年を目掛けて下がっていきます。

つまり残りの30年近くこの再エネ賦課金から「逃れられない」のです。※電気を使う量に比例して増えます。

現在の単価が3.36円なので月に1万円ぐらい使われる方は賦課金だけで毎月約1,000円プラスで払われている計算になります。

携帯電話の通話料はキャリア会社を替えたり、我慢すればある程度、下がります。

しかし電気代は如何でしょうか?

そう簡単に替えれませんよね?

そう簡単に我慢もできませんよね?

またこれを読まれてる方は今までにも相当な努力をされてLEDに換えたり省エネエアコンにしたりあらゆる手段を使い省エネに努められてる方だと思います。

しかし、それでも限界があるのです。では一体どうすれば?

あなた様の解決策はこれです。

 

「オール電化にして太陽光発電を設置する」

 

「あ〜結局、売り込みですか?」と思われるかも知れません。そんな方こそもう少し読み進めて下さい。

本当に手出しなく光熱費が0円になったら嬉しくないですか?更に少しばかり利益も出て。先程「これは350万円を金利2%で立て続けに2回ローンする事に匹敵します。」と書いておりますが、一般住宅において太陽光発電とオール電化を同時に購入しても間違いなくこんなに掛かりません。

先日、弊社でオール電化と太陽光発電を同時に設置された方から喜びの声がありました。

「毎月の売電でローン代を支払い、光熱費を削減できた分(約2万円)は毎月プラスです。10年で200万円以上貯まる計算になり家族で喜んでいます。」

これは嘘でもなんでもなく本当のお声です。

断言します。

「光熱費は手出しなく必ず下げる事ができます」

「必ず」と言うからには余程の自信があります。なぜ「必ず」と言えるかと言いますと、反面下がりにくいご家庭も「必ず」あります。それを包み隠さずお伝えして無理に買って頂かず「下がりにくい方にはお勧めしない」からです。

ですので私がお勧めするご家庭は光熱費を必ず下げてみせます。

この自信を少しでも信じても良いかな?と思われるなら弊社へ「簡易シミュレーション希望」と、お問い合わせ下さい。あなたのご家庭に合わせた経済効果を簡易シミュレーションにてお送り致します。

お問合せはメールか公式LINE、お電話でもお受けしております。お名前、ご住所だけで訪問せずに簡易シミュレーション作成出来ますのでお気軽にお問合せ下さい。ポリシーとしまして「無理な営業は一切致しません」のでご安心下さい。

メールでのお問合せはこちらです。

公式LINEでのお問合せはこちらです。

電話番号は、

096-327-9988

になります。皆様からのお問合せを心よりお待ち申し上げます。

タケモトデンキ株式会社 代表取締役 竹本雄一


弊社へのお問い合わせは コチラです!(^_^)/

弊社の豊富な施工例は コチラから!(^_^)/

TVCM(コンセント壊れちゃった編)は コチラから!(^_^)/

TVCM(タケモトデンキ 社長編)は コチラから!(^_^)/

私の会社へかける熱い想いは コチラから!